オオカミ少年たちの言い訳

人間にとって国とは何なのかを念頭に普通の国民の視点で出来事を綴ります。文章力の無さにつきましては御了承下さい。

日本人が自虐史観の長い眠りから目を覚まし始めた

『帝国政府声明』原文公開!


前回、帝国政府声明の原文を記載することを公言していたので、ここに紹介する。

何のことやら?という方は前回のブログをサクッと読んで下さい。↓
protocl.hatenablog.com


この帝国政府声明文は2009年に「安濃 豊」博士によって国立公文書館から発掘され再び光を浴びることになった。

昭和16年12月8日 帝国政府声明
(0761~0765) 原文全5ページ
f:id:protocl:20161021031903j:plain:w450 f:id:protocl:20161021031928j:plain:w250 f:id:protocl:20161021031941j:plain:w250 f:id:protocl:20161021031950j:plain:w250f:id:protocl:20161021032005j:plain:w250

帝国政府声明文 NO.0764~NO.0765から抜粋
原文ママ
而して、今次帝國が南方諸国に對し、新たに行動を起こすの已むを得ざるに至る、何等その住民に對し敵意を有するものにあらず、只米英の暴政を排除して東亜を明朗本然の姿に復し、相携へて共榮の樂を頒たんと冀念するに外ならず、帝國は之等住民が、我が眞意を諒解し、帝國と共に、東亜の新天地に新なる發足を期すべきを信じて疑はざるものなり、(以下略)

(現代文)
このたび、日本は南方諸地域に対して、やむを得ず作戦行動を起こすことになりましたが、何もその地域の人々に敵意を持っているものではなく、只、アメリカ、イギリスの暴政を排除して東亜を明朗な元の姿に戻し、互いに手を取り合い共栄することが目的であることに他なりません。日本は、これらの人々が我が国の真意を理解し、日本と共に、東アジアの新天地に新たな秩序を発足させることを信じて疑いません。


記載された内容を読むと、まさしく大東亜戦争(太平洋戦争)が侵略戦争ではなかったことが理解できるだろう。
「日本の戦争は他国の侵略のためだったんだよ!」
イヤァァァーーー!(*≧◇≦)キィー!

などと、いつまでも言っていないで真実に目を向けた方がいい。


原爆による日本人大虐殺の責任逃れのために実施された「日本が悪い」という自虐史観を、戦後アメリカの手によって植えつけられてきた事実に、そろそろ気付こうよ。(戦後7年間のアメリカの占領下における日本悪者教育は現在にまで尾を引いているのだ)


さらに新しい発見があるかもしれないので帝国政府声明を自分で検索してみることをお勧めする。検索が少しややこしいので手順を載せておきます。

国立公文書館アジア資料センター https://www.jacar.go.jp/
ホームページTOPから
・「帝国政府声明」で検索
・「絞込み検索」をクリック
・キーワード⇒「帝国政府声明」
・作成年月日⇒「昭和16年12月8日」~「昭和16年12月8日」
・所蔵機関⇒「防衛省防衛研究所
で検索をクリック


さあ、自虐史観の催眠術から目を覚ませ!


「安濃 豊」博士のブログ
美しき世の面影:開戦日に発表された政府声明文を読めば何ら恥ずべき戦争をしていないことに気づくはずだ - livedoor Blog(ブログ)

広告を非表示にする