オオカミ少年たちの言い訳

人間にとって国とは何なのかを念頭に普通の国民の視点で出来事を綴ります。文章力の無さにつきましては御了承下さい。

これが霊の世界なのか?

説明のつかない現象と出会い


私は小学校4年生の時の霊体験以来、周囲で色々な現象が起こるようになった。幻想や妄想ではなく、誰も触っていない物が目の前で大きく動くこともあった。現在でも理解し難い現象は続いている。


話は少し反れるが 以前のブログ に書いたように私は英霊たちの導きかと思えるような現象でお花畑から脱却し、勉強のためにとチャンネル桜を見ていた。しかし保守と呼ばれる評論家達の話の内容がまるで「お経」のように聞こえ始め、私が求めるものではなくなっていった。そんな時、ある人物と出会った。ラヂオノスタルジアの社長で農学博士の*1安濃 豊という人物だ。けれど直接の出会いではなく安濃博士の youtube での動画配信「安濃 豊の学問所」との出会いだった。


初めて見た時、安濃博士は椅子に寝そべるように座り、机の上に足を乗せた随分な姿勢だった。この随分な姿勢に興味が湧き、動画を視聴し始めたと言っても過言ではない。安濃博士は科学者の目で出来事を紐解いていく。自称保守の評論家達とは違う的確な判断に刺激を受ける。この動画に興味を持った原因はもうひとつある。それは、その日私が疑問に思った事柄を知るはずのない安濃博士が、同日、同じ内容を取り上げて答えをくれるという事だ。内容がタイムリーな話ではないのが尚更不思議なところ。思わず「おお!」と口に出してしまう。それが4~5回もあると偶然とは言い難くなってくる。見始めの頃は安濃博士の毒舌に引いてしまって「こんな動画見るもんか!」と何度か思ったが、何故かついつい見てしまっていた。まるで誰かに操作されてるかのようだった。


この何とも不思議な現象がまた今年の1月14日(土曜日)に起きた。安濃博士のライブ動画の配信は月曜日から金曜日迄なので、私は「今日は動画は休みだから勉強でもしよう。やり掛けていたのは 元寇 のところだったな?」と本を開こうと思ったが、急に安濃博士の事が気になり動画を見てみた。すると、いつも休みのはずの土曜日に安濃博士がライブ配信をしていた。これにも驚いたが、何とタイトルが『何故自虐になる?日本の対外戦争。元寇 から大東亜戦争まで』だったのだ。
まただ… (゚ロ゚;ノ)ノ ヒィィィィィ!!!


これでもまだ偶然と言えるのだろうか。
そして不思議な話しは他にもあった。実は安濃博士も霊感の強い方で、もっと凄い体験をしている。怖がりじゃない方は是非、下記のブログを読んで頂きたい。とても希少な体験談だと思う。 安濃 豊 facebook 【睡眠霊通と言う言葉を作った】

*1:「安濃 豊」博士は、現在コミュニティー放送ラヂオノスタルジア社長。
農学博士・雪氷学者・歴史家・作家(著書⇒http://annoyutaka.wook.jp/現在ネットでの販売は行なわれていません)
元々は総理府キャリア。米国陸軍寒冷地研究所、ニューハンプシャー大学、アイオワ大学研究員を経る。
安濃 豊 facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/yutaka.anno?fref=nf


広告を非表示にする